「バックレ」って社会的にはアウティーだけど・・・

      2017/05/11

「法律的にはどうなの?」

そう思ったことある方いらっしゃいませんか?

バイト先の店長が嫌いだとか、他のバイトとうまくいかないだとかで、「もうバイトに行きたくないな・・・」、「すぐにでも辞めたい!」、そう思ったときに「バックレ」が頭をよぎるかと思います。

しかし、他の人に迷惑がかかるし、どう思われるんだろう?って怖い気持ちが勝って、実際には、行動に移さない人が多いかとは思いますがね。



<スポンサーリンク>

 

バックレは民法違反!!

調べてみると、民法709条に違反するらしいです。

民法709条

故意または過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害したものは、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

引用:wikibooks

 

 

例えば、バイトがバックレたことによって、人手不足で、店を休まざるを得なかった場合などは、その分の利益が損なわれることになるので、その分の損害賠償が請求される可能性がある、ということです。

しかし、バイトがバックレて、店が休みになったとか、バックレた人が訴えられたというのは、私は、聞いたことないですね。

だいたい、誰かがバックレても「あ~、バックレたのか~」くらいで、その後何事もなかったように、ときが流れます。

店長は、それなりに困るかとは思いますが、バイトは、特に何も思わない人が多いんじゃないでしょうか。

「所詮他人事なんで」っていう感じで。

 

民法に違反しているため、訴えられる要因になるし、訴えられれば、確実に負けるが、実質は、訴えられたり、損害賠償を求められることはほとんどない

 

というのが現状だと思います。

 

バックレは就業規則にも違反。辞めるときは、就業規則に沿って

他にも、バイトを始めたときに店長から「就業規則」が渡されるかと思いますが、それにも、違反することになりますね。

「就業規則」とは、労働基準法に基づき会社が作成したルールです。

就業規則では、会社を辞めるタイミングに関して

退職を願い出て会社が承認したとき、又は退職願を提出して14日 と経過したとき

引用:就業規則の作成例

と書かれているものが一般的に多いかと思います。

会社によっては一か月前には、退職したい旨を伝えるように言われるところもありますが、就業規則はあくまで、労働基準法に基づいているものであり、就業規則よりも労働基準法が優先されるので、労働基準法で定められている2週間前であっても、法的には、問題ありません。

しかし、基本的には就業規則に従って、退職する旨を伝えましょう。

それが、一般的なマナーだと私は思います。

※月給制などの正社員だと、また規則が変わってくるみたいです。今回はあくまで、労働者が、アルバイトであることを前提に書きました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になって調べてみましたが、訴えられる可能性が低いとはいえやはり、「バックレ」は違法行為ですし、するものではないですね。

お店の人に迷惑がかかったり、心配されたりすることもあると思うので、気持ち的な面でも、後味が悪いので、バックレを考えている人は考えなおした方がいいかもしれません。

 - お仕事, 社会