源泉徴収票発行してくれない会社に源泉徴収票請求してみた!

      2017/09/05

確定申告、真っ只中ですね。

私は、先日、無事確定申告の書類を郵送しました。

不備がないといいけど・・・

源泉徴収票発行してくれない会社に源泉徴収票発行してみた!

私は、昨年は、3つのアルバイトをしたのですが、そのうちの一社が源泉徴収票を2月になっても発行してくれませんでした!!

まあ、例のダメダメ店長がいるバイト先なんですけどね。

 

関連記事:ダメダメ店長の特徴6つ!!【具体例あり】

 

いろいろ揉めた末、退職したので、故意に送らなかったんだと思いますが(同じバイト先だった彼には届いた)、源泉徴収票を渡さないのは、所得税法違反(所得税法 第226条)になるらしいですよ。

揉めようが、バックレようが、会社は従業員、元従業員に源泉徴収票を渡す義務があるのです!!

揉めたり、バックレたりすると、元バイト先に源泉徴収票を請求するのは、勇気がいりますが、揉めようが、バックレようが、こちらには源泉徴収票を請求する権利があるので、堂々と請求しましょう。

こちらのサイトがいろいろと書いてあったので、参考にさせていただきました。

ネットのおすすめ情報局

しかし、揉めたり、バックレたりすると、電話で請求するのは、少々気まずいですよね。

そんなときは、文書で請求しましょう。

こちらのサイトには、源泉徴収票の発行依頼の文書の雛形を載せてくれています。

私もこの雛形を参考に、元バイト先に発行依頼の文書を送りました。

せめてもの親切心で、切手を貼った返信封筒も忘れずに。

すると、一週間後くらいには、源泉徴収票が届きました。

もしかしたら、ここまでしても送ってくれない可能性があったので、念のために、その場合の対応についても調べていたのですが、そこまでする手間はなかったみたいです。



<スポンサーリンク>

源泉徴収票の発行依頼の文書を書いても、送ってくれない場合

源泉徴収票の発行依頼の文書を書いても、送ってくれない場合には、税務署や労働基準監督署に相談する旨を伝えます。

それでも、送ってくれない場合には、「源泉徴収票不交付の届出手続」というものを書いて、税務署に届け出れば、その会社に税務指導が入るので、確実に発行してもらうことができます。

おかしい点があったら税理士に直接相談

源泉徴収票を発行してもらっても、おかしいなと思う点があったら、税理士さんに相談しましょう。

わざわざ税理士さんに相談するのは、お金も手間もかかりそう・・・なんて思いますが、ネットで探せば、税理士が無料で電話相談に乗ってくれるところが何件かヒットします。

私も実際に電話したのですが、わからないことが解決したので、無料とはいえバカにできないですよ。

今は、ネットで探せば、いろいろな情報がでてきますが、さすがに専門的なことは載っていないですし、載っていたとしても信ぴょう性がありません。

やはりそういうときは、ネットに頼らず、直接専門家に相談するのが、確実と言えるでしょう。

 

確定申告に役立つ!

↑↑やよいの青色申告オンライン↑↑

↑↑クラウド会計freee↑↑

 

 

 

 - その他