口下手な人が空回りしないための考え方

      2017/03/31

口下手な人が無理をしないための考え方

無理してうまく話そうとか、明るく振る舞おうとするのは危険。

「大丈夫、大丈夫!」と思っていても、根本的に話し上手じゃないんだから、空回りして失敗する。

例えば、私の場合だったら、バイトで、自分の後に出勤してくる人が苦手なので、その人が来るまでに頭の中で、今日、その人とどうコミュニケーションとるかシミュレーションしています。

「来たらなんて話しかけよう~」、「いつもより明るく挨拶しようかな~」とかめっちゃ考えてます。

いざ、その人が来て、明るくいけばきっと大丈夫!と気合いを入れる。

私:「おはようございます(渾身の笑顔)」

Oさん:「あ、おはよ~」

私:「今日の引き継ぎは~・・・です!」

Oさん:「・・・はい」

そっけない!

そこで、心折れるのである。

ちょっとでも頑張った自分が馬鹿らしく思える。

さあ、頑張ろう!って気合入れたときが、自分の中で一番盛り上がっているのだ。

こういう風にできないことに対して、無理やりポジティブになろうとするのは、間違いだということに最近気づいたんですよね(笑)

冒頭でも書いたけど、話上手じゃないんだから、表面的に頑張ったとしても、相手が自分の期待通りに反応しなかったら、傷ついてしまうし、どう返していいかわからなくなる。

本当に話上手になるか、自分がコミュ障であることを気にしないしかないんですよ。

でも、長年口下手だった人が急に話上手になんてなれませんよね。

だから、口下手な私は、自分がコミュ障であることを気にしないようにします。

口下手なりのやり過ごし方を考えるのです。

無理してうまく話そうとせずに、自分らしく挨拶して、引き継ぎして、できればほんの少し雑談すればいい。

そうやって自分を許してます。

それで相手に気に入られなかったら、もともと自分は相手にとって気に入らない存在なので、それを受け入れるしかない。

自分が相手にとって気に入らない存在だとわかったら、落ち込みたくなりますが、落ち込む必要などないのです。

誰にだって好き嫌いはありますし、ただ現実を受け入れるだけでいいのです。

ゆっくりでいいので、そういう気持ちの切り替えに慣れていく必要があると思います。



<スポンサーリンク>

なんでも「ポジティブに!」は危険

よくなんでも、「ポジティブに!」とか「前向きに!」と言い聞かせることがありますが、そうやって言い聞かせていいことと、言い聞かせても意味がないことがあると思います。

例えば、ピアノを習っている人が、発表会で、自分の出番を前にして緊張しているときに、「ポジティブに!」「前向きに!」って思うのはいいと思うんです。

しっかり練習もしてきて、腕があることは確かなんだから。

でも、元からできないこととか、苦手なことに対して、押し付けるように「ポジティブに!」「前向きに!」って思うのは、意味のないことなのです。

根本的に自分にはできない、自分には向いていないことなんだから、気持ちだけが空回りして、できないことに変わりはないから、余計に傷つく結果になるのです。

 

まとめ

口下手な人は、無理をせず自然体で

相手に好かれることを期待しない

ありのままの自分を許してあげる

 - 生き方・生きる知恵