やたらと接客に気合の入った店にはいきたくない。大声で「いらっしゃいませ~」やめて(笑)

      2017/05/11

接客にやたらと気合が入っている店ってあるじゃないですか。

私は、接客している立場としても客としての立場としても、あの雰囲気が苦手です。

私は、大声を張り上げるのが苦手なので、不運にもそういう店で働いてしまうと必ずと言っていいほど、「もう少し大きい声でお願します」と言われます。

当たり前ですが、そういう店ではたいてい続きません。

客としてそういう店に入ってしまったときも、静かに商品をみたいのに、「いらっしゃいませ~と」というバカでかい声が耳障りで居心地が悪いと感じてしまいます。

もう少しなんとかならないのでしょうか、あの風潮(笑)



<スポンサーリンク>

 

大声を張り上げることでお客さまに気分よく買い物をしてもらえる?本当にそうでしょうか?

なぜ、大声を張り上げることでお客さんに喜んでもらえると思うのでしょうか?

お客さんは、接客をみにその店にやってくるのでしょうか?

違いますよね。

商品だったり、サービスを利用するためにきているわけですよね。

じゃあ、接客に気合入れるよりも、お客さんがどんなものを欲しているか、この店に来てどんなことを期待しているのかを真剣に考えた方がよくないですか?

でも、接客が重要視される職業もあると思います。

ホテルマンやちょっと高めのレストランのウェイターなど。

でも、そういうところの接客って静かに、落ち着いて接客をすることでお客さんに気分よく過ごしてもらおうとしていますよね。

「そこに来てよかった、気分よく過ごせたって」思えるのってそういうことだと思います。

 

大きな声を出すより、わかりやすい説明や気配りのほうが大切じゃないですか?

そんなに大声出す必要あります?

お客さんは、接客をみにお店にやってくるのではなく、商品やサービスを利用するためにお店にやってきます。

それだったら、お客様のためになる情報を教えてあげたり、わかりやすい説明をすることに力を入れた方が、絶対に「ここにきてよかった」と思えると思うんです。

 

 

接客にやたらと気合が入っている店には、バイトとしても客としてもいかない

店に入った瞬間に、「いらっしゃいませ~」というバカでかい声が聞こえてくると、早く帰りたくなります(笑)

そして、ろくに商品もみずに居心地悪いな~と思いながら、店を出るのです。

人が多くてがやがやしているような店だったらまだわかりますが、小規模な店、特にコンビニで大声をだされると居心地の悪さに加え不自然さも感じます。

早く、接客にやたらと気合を入れてもお客さんは喜ばないということに気づいてほしい(笑)

 

 - 気になる