九州から都会に引っ越してきて感じたこと。

      2017/05/11

おはこんばんにちは。ぴーすけです。

私が、九州から関東に引っ越してきて、2年と4か月がたとうととしています。

引っ越したくて越してきて、こんなこというのもなんですが、こんなに住み続けられるものなのだなあというのが率直な感想です(笑)

なんか、引っ越してきたときは2年先、3年先が見えなかった。

これからもこちらにいるつもりだし、なんだかんだで合わないわけではないのかなと自負しています。

今日は、九州から関東に引っ越してきて感じたことを書いていきたいと思います。



<スポンサーリンク>

 

移動が大変

仕事、遊びに出かけるとき、徒歩15分の駅まで歩いていきます。

「徒歩15分」って地味にしんどい。

どうでもいい用事だったら妥協するレベルでだるいです。

遊びに行った先でもどこへいくのにも歩きなので、途中で疲れて眠くなってしまいます(笑)

駅ちかに住むにしても家賃がかかってくるし、思っていた以上の問題でした。

実家にいるときには常時車で移動だったので、すぐに出かけたがっていたのですよ。

夜中でも、夜景みにいったり、フラッとドライブに行ったり。

遊びに行っても行きたいところに気軽に移動できました。

でも、今はちょっと疲れていたら全然外に出ない日もあります。

私は、単純に運転するのが好きなので、運転ができないのも残念です。

 

人が多い

東京は人が多いって言いますが、引っ越してきて実際に肌で感じました。

渋谷とかに遊びに行くのですが、行きの電車も時間によっては多くて平日でも座ることができないし、街も常に人が多いですよね。

週末とか「なにかあるの?」っていうくらい人が多い。

九州にいるときは街に出かけるのが好きで、行きたくなったら気軽に行けたのですが、今は体調と気分と相談してから出かけます(笑)

東京は人口密度がハンパないですね。

 

いろいろな出会いがある

これは、地方の人とか夢追い人が多いっていう意味です。

こちらで地方出身の人と出会うと話がはずみますし、地方の人とのほうが波長が合うなってなんとなく思います。

現に、私の彼も地方出身ですし、一緒にいて居心地がよいです。

夢追い人は、俳優を目指している人やバンド活動をしている人に今まで出会いました。

夢追い人は九州では出会うことがなかったので、すごく新鮮です。

私は漫画喫茶でバイトしているのですが、漫画喫茶のバイトには必ずバンドマンがいます(笑)

なんなんですかね、漫画喫茶のバイトのバンドマン率(笑)

そしてだいたいロン毛です。

俳優の方は舞台をやっていて、公演があるときはみに行くこともあります。

九州に住み続けていたらそういう人とは出会うことがなかったと思うので、そういう舞台をみにいけるのもこちらに越してきたからこそできた経験だと思います。

あと、これは関係あるのかわかりませんがオープンなゲイの方にもこちらにきて初めて出会いました(笑)

地方にもいると思いますが、カミングアウトしづらい環境なのか、出会ったことがなかったので、これも新鮮でした(笑)

 

男性には気を付けるべし

「東京の男性は紳士だよ。」

引っ越す前に、以前関東に住んだことがある先輩から言われました。

紳士というか、スマートな人が多いですよね。

スーツとかもかっこよく着こなしていて、地元のサラリーマンとは雰囲気が違います。

しかしですよ、その分チャラい(笑)

ナンパしてるサラリーマン多いですよね。

私もこちらに越してきたばかりのときに、既婚者にまんまとだまされてしまいました。

もう、私の中で封印された出来事ですが、この話も気が向いたら書こうかな(笑)

 

まとめ

関東に引っ越してきて楽しいことも、辛いこともいっぱいありますが、辛いことも含めて充実していると思います。

思っていたよりも濃い生活を送っている気がする(笑)

欲を言うなら車買って、もっといろいろなところに気軽に行けるようになりたい!!(笑)

こっちに来て以前よりも確実に引きこもりになっているから。

 

 - 経験談