メンヘラは自己顕示欲の塊。メンヘラを直すために私が努めてきた3つのこと。

      2017/05/11

おはこんばんにちは、ぴーすけです。

 

今日はね、久しぶりにマインド的な、自己啓発的な記事を書きたいと思います。

突然ですが、私にはとってもとっても“イタイ”時期がありました。

イタイの種類っていろいろあると思います。

自虐風自慢、メンヘラ構ってちゃん、過去の栄光自慢、リアルでネット用語使っちゃうなどいろいろあると思いますが、私はこの中でも“メンヘラ構ってちゃん”な部類に属していました。

 

 

いました?というか現在も隠しているだけで、我慢できないと発動しちゃうけどね(笑)

今日は私が“メンヘラ構ってちゃん”の心理と、抜け出すために私が努力していることを書いていきたいと思います。



<スポンサーリンク>

 

メンヘラの心理

高校時代に退学をした子が2人いました。

2人とも校則違反とかではなく、単純にクラスとあわないという理由でした。

別にいじめられていたわけではなく、むしろ一人のこは明るくて人気のある子でした。

大人になって、FacebookやインスタグラムなどのSNSが普及し、その2人と友達になったのですが、一人はシンガーソングライター、もう一人は働きながらモデルの仕事をしていました。

 

 

 

結局は、人一倍自己顕示欲が強いのだな~と思います。

だから学校内のカーストが受け入れられずに自分の存在がちっぽけに思えてその環境にいるのが耐えられなかったのかな。と。

 

一人の子は、学校でもおちゃらけタイプだったけど、本当は「可愛いね。」ってちやほやされたかったのかもしれない。

そんな自分を隠すためにおちゃらけていたのかなって今になって思います。

 

 

彼女たちは今でも病んでいます。

 

アラサーですが、イタイつぶやきばかりしています。

自分ブスなんです。自信ないんです。っていいながら自撮り写真を挙げています。

 

自分ブスで自信ないけど、人一倍自分が大好き。

 

私も自撮り写真まではあげてなかったけど、イタイつぶやきをしていた時期はありました。

やっぱり誰かに話しを聞いてもらいたい。

あわよくば連絡くれる人がいればいいなって。

 

 

でも、なかなか反応してくれる人なんていません。いても類友です。

 

結局似たもの同士で傷をなめ合うだけなのです。

 

私がイタイつぶやきをしていたころも連絡をくれたのは冒頭に書いたうちの一人でした。

 

その子とはたまに遊んだりしていたのですが、気が合うわけでもないし、自分は寂しくないんだってアピールするために一緒にいたからただの傷のなめ合いでした。

 

気が合うわけでもない人と寂しさを埋めるために一緒にいるのは危険。

 

どんどんハマっていく。

 

別にその子のことは嫌いではないのですが、そういう人たちは、本人は辛いのでしょうが、病んでる自分も好きなのです。

病むことによって人に注目されるのが好きなんです。

 

多分一生そのままなんだと思います。

 

本当に辛い思いから抜け出したいのなら行動から変えなくてはと思うのです。

 

メンヘラを抜け出す第一歩

私は、今でもメンヘラなところがあります。

彼氏に振られそうになったらこの世の終わりのように不安になったり、きつい言葉であたって構ってもらおうとします。

 

これでもまだよくなった方なのです(笑)

ひどいときは、SNSで『こんなことがあって自分は今こんなに辛いんです。』っていうつぶやきをしていましたし、構ってくれる人に“相談”という名の自分語りしちゃうし、今思えば恥ずかしいことばかり。

 

 

しかし、このような行動を「恥ずかしい」と思えるようになったことも私にとっては1歩なのです。

今ではリアルの知り合いに相手からしたらどうでもいい自分の心情なんてはなせません。

私は、パニック障害を患っていますが、そのことも伝えたほうがよさそうな人以外にははなしません。

別に心の病が悪いことというわけではなく、それを話すことによって相手が接しにくくならないように話すべきではないと思うのです。

たまにいますよね。「自分はうつ病で~。」とか「心療内科に通ってて~」とそんなに親しくもないのに話してくる人(笑)

 

 

少しは相手の立場を考えることができるようになりました。

普通の人だったら当たり前のようにできるこのような気遣いもできず、昔はとにかく自分のことをわかってほしいという想いが強かったです。

メンヘラとはそういう生き物なのです。

 

メンヘラから卒業するために努力したこと

今でもたまにメンヘラが発動しちゃいますが、この少しの成長ができたのは、メンヘラから抜け出したいという想いがあったからです。

メンヘラから抜け出すために私が気を付けたこと

メンヘラと関わらない

メンヘラと関わっていては、井の中蛙で良好な精神状態や考え方が育たない

SNSはROM専になる

ROM専とは、見るだけということ。SNSに書き込みはせずに見るだけにする。

書き込みをしちゃうとどうしても自分のくらい気持ちとか愚痴とかを書いてしまうので、もう何も書かないと決めてしまう。

どうしても書き込みをしてしまうようならば、一度アカウントを削除する。

彼氏を作らない

病んでる人は彼氏とか支えてくれる人がいた方がいいのもありますが、一度一人になって自分の好きなように過ごしてみるのもいいです。

私は5年くらい常に彼氏がいないと不安だったのですが、彼氏に依存している自分がいやになり、彼氏に振られたのを機に当分は彼氏を作らないと決めました。

1年半くらい彼氏がいなかったのですが、なんだかんだやっていけるじゃん!と自分に自信がつきましたし、一人の楽しさもしることができました。

それに、自由に自分らしく生きていると自分らしい自分を好きになってくれる人が寄ってくるので、本当の自分を好きになってくれる人を引き寄せることができます。

 

メンヘラを直すためには、そのために何かをするというよりも、メンヘラがやっていることを止めるのが一番の解決策になるのではないかなと思います。

「やる」ではなく「やめる」。

 

まだまだ精神的に不安定な部分があるけど、健康な心に戻れるように日々研究、闘病中です。

 

 

 

 - 生き方・生きる知恵, 経験談