私はなぜ仕事が続かないのか。自己分析してみた。

      2017/09/05

私は、アルバイトを含めたら数えきれないほど仕事を辞めている。

今日はなぜ私は仕事が続かないのかっていう完全に自分語りな分析記事を書いていこうと思います。

ただの自分語り記事だけど、誰の役にも立たないとは思わないのです。

多分共感してくれる人はいるだろうし、今から書く事に共感できるような人は多分自分に都合の良いことが書かれている記事を望んでいると思うから(笑)

この記事はそんな人に『自分だけじゃないんだ!!』と安心してもらうために書いていきたいと思います。



<スポンサーリンク>

 

なぜ仕事が続かないのか?

なぜ仕事が続かないのか?って言ったら、一番の理由はコミュ障過ぎて人間関係をうまく築けないから。

職場っていうのは仕事だけしてればいいってものではない。

職場の人と信頼関係を築くために他愛もない話、世間話をしないといけない。

複数の人が集まる環境では、価値観の違う人もいっぱいいるからこそ、お互いを知って、理解し合っていくことでいい雰囲気を作り上げていくべきなのです。

 

しかし、みんながそういう気持ちでやっている中で、コミュ障の自分がいたら、一気に場の空気を悪くしてしまう。

そういう事に対する引け目や申し訳なさを感じ始めるとそうそうにその場を去っていくのです。

 

 

人間関係をうまく築けないと仕事のできも悪い

『人間関係をうまく築けない。』という問題から派生して出てくる問題なのですが、私は人間関係がうまく築けない職場では、仕事ができないポンコツキャラです。

 

人間関係を築けないとなぜ仕事ができないのか?

わからないことを聞けない

職場の人とうまく人間関係を築けていないとわからないことがあっても『こんなこと聞いたら怒られるんじゃ』とか『変な顔されるんじゃ』と気にしてしまって、わからないことがそのままになってしまう

 

人目が気になる

『こうした方がいいんじゃないかな』と思っても、『こんなことしたら変に思われるんじゃないか』とか思って、本領を発揮できない。

結局オロオロしちゃって、周りをイラつかせる。

 

周りの人と信頼関係が築けないから、こういうことをしたらこうおもわれるだろうって想像ができないのです。

逆に居心地のいい職場だと『仕事できるね』とか『仕事早いね』って言ってもらえるので、私は仕事のできが人間関係に左右されるタイプみたいです。

 

コミュ障をこじらせると、変なところばかり賢くなって変な判断力がついてしまう。

コミュ障や社会不適合をこじらせると、1日でその環境が自分に合うのか合わないのかがわかります。

『このままここにいてもいずれ嫌われるんだろうな』っていうのがわかっちゃうから、そうなる前にフェードアウトしようと考えるのです。

 

数か月いて辞めると、すでに嫌われている上に仕事も覚えたところなので、自分のことを嫌いな人を増やす上に職場にも迷惑がかかって最悪です。

それだったら嫌われる前、迷惑が掛かる前にやめたほうがいいと思うようになり、辞めるまでの期間がだんだん短くなっていきました。

 

鈍感力が衰え、嫌われる勇気が持てなくなった

これは、『人間関係をうまく築けないと仕事のできも悪い』に関係することなんですけど、そもそもなぜ、そんないらん判断力がついてしまったかというと、鈍感力の衰えと嫌われる勇気が持てなくなってしまったからだと思うんです。

 

大学生のときには、短くても1年はバイトを続けることができました。

じゃあ、そのころは人間関係をうまく築けていたかというと、そういうわけでもありません。

ただ、たとえば自分の悪口を言われているような気がしても『勘違いだよね』と気にしないでいることができただけです。

それに嫌われていることに気づいたとしてもなぜかよくわかりませんが、気にしていませんでした。

みんな表面上はよくしてくれるしね。

 

結局は、もう人と向き合う気がない

今までの文を読んでみると、『そこまでわかってんなら改善すればいいじゃん!!』て思いますが、ここまで分析しているのにも関わらずなぜ改善しようとしないのかというと、もう私自身人と向き合うことをあきらめてしまっているからです。

 

人と良好な関係を築く必要のない職場や仕事を知ってしまったので、自分にとって大切な人以外と向き合うことに対して、完全に糸が切れてしまったように思います。

 

こんな私でも続けられた職場!!

こんな私でも稀に続けられる職場があります。

マッサージ店で2年、漫画喫茶で1年半続けられたのですが、2つの職場に共通することは、一緒に働く人が少ないこと。

 

マッサージ店は同じ年の女の子とほぼ2人でシフトに入っていました。

相性が良かったのもあって気疲れしなかったのです。

漫画喫茶は、シフトが2人体制だったぼで、こちらもその日一緒に入る人にだけ合わせて入れば良かったので気楽でした。

途中から1人体制になったので、本当に最高でした(笑)

 

やっぱり一番は一人!(笑)

 

職種はそんなに関係ないかと思います。

私にとって仕事で一番大切なのは人間関係!!

 - 社会不適合