グミ好きの私がおすすめする美味しいグミ9選!!

      2017/09/05

こんにちは、ぴーすけ(@pisuke_jiro)です。

 

私、実はグミが大好きで、実家から仕送りを送ってもらうときも必ずグミをお願いするんですよ。

 

あんまり、物事に「ハマる」ということがない私にとっては、こんなに好きになれるのは珍しいことで、グミに関しては人より少し詳しい自信があります!

 

グミって今、いろいろな種類があるので、今日はグミ好きの私がこれまでに食べた美味しいグミを紹介していきますね!



<スポンサーリンク>

グミ好きの私がおすすめする美味しいグミ9選!!

SOURS

表面にパウダーがついていて、ザラザラとした食感のグミ。

ほどよい固さで、癖になる歯ごたえです。

 

美味しさと歯ごたえの良さが癖になり、一度食べたら止まらなくなります。

種類は、いろいろな味が入ったアソートタイプと単一なものを合わせて、12種類。

 

コンビニやスーパーに行けば大抵おいてあるので、気軽に買えるのが嬉しいです。

 

ピュレグミ

パウダーがついていて、ザラザラとした舌ざわりになっています。

この、パウダーが酸っぱくて、美味しいんですよ。

ピュレグミの醍醐味はこの酸っぱいパウダーと言っても過言ではありません。

私はいつも飴のようになめて、この酸っぱいパウダーを堪能してから噛み始めます。

 

最近は、中にジュレが入っているタイプのものもあり、これがまた美味しいですね。

 

固さは普通のグミに比べると少し柔らかいです。

基本、ハート型のグミなんですが、たまに星型のものが入っていて、それをひいたときは、ラッキーな気分になれます♪(笑)

 

フェットチーネグミ

表面についた酸っぱいパウダーが美味しいグミです。

このグミの醍醐味は、アルデンテな食感。

アルデンテとは、パスタをゆでた時に少し芯が残るような状態のことを言うのですが、グミを「アルデンテ」で表現するって面白いですよね♪

 

確かに固すぎず、やわすぎない絶妙な食感がハマります。

 

細長くて短冊形なのも、手に取りやすく、食べやすいです。

 

コロロ

薄皮で包まれた、まるでブドウのようなグミ。

噛んでみると、薄皮がはじけるように破れて、つるんとしたグミが現れます。

 

薄皮のぐにぐにとした食感と中身の柔らかい食感を両方味わえる面白い逸品です。

オリジナルの食感なので、この食感だけで「コロロ」というグミを覚えることができます。

 

味は基本みかんグレープマスカットの3種類で、現在は季節限定で、マンゴー白桃の2種類が出ています。

 

阪急うめだには専門店があり、贈り物用のコロロも販売されているようです。

出典:UHA味覚糖

高価そうな箱に入っていて、高級感がありますよね(笑)

グミ好きな人や子どもさんがいるご家庭に送ると喜ばれそうです。

 

ハリボーゴールドベア

ハード系グミの王道と言ったらこれじゃないでしょうか。

 

ドイツ原産で、いかにも外国なパッケージですが、日本でも日本のグミ以上に定着しているグミです。

 

一番の特徴は、固い食感です。

ただ固いのではなく、咀嚼力を高めてもらいたいという企業の願いが込められているそうですよ♪

確かに、最近は柔らかい食べ物が多く、現代人はあごが弱いと言われているので、現代にぴったりのグミですね。

 

クマの形も可愛いしオシャレですよね。

味は、クランベリーパイナップルリンゴオレンジレモンストロベリーの6種類です。

 

カンデミーナ

ギザギザなカタチのハードなグミ。

ハード系のグミの中でも、ハードな方で噛み続けていると若干あごが痛くなります(笑)

しかし、噛み切るときの噛み応えがたまらなくて、食べ出したら止まりません。

 

味は、ラムネコーラなどの炭酸飲料系の味がそろっていて、炭酸飲料系の味が好きな方にとっては嬉しい逸品ではないでしょうか!

 

シゲキックス

シゲキックスも美味しいですよね~。

酸っぱいパウダーとハードな食感!

カンデミーナが「ハードな中でもハード」といいましたが、カンデミーナ以上にハードなのが、シゲキックス。

 

小さいピラミッドの形をしているのも可愛いですし、小さいからたくさん入っていて、すぐになくなるということもないです。

 

味は、コーラソーダなど、カンデミーナ同様炭酸飲料系の味が多く、私は、期間限定で発売されるエナジードリンク味が好きです!

 

ピュアラルグミ

マシュマロのような食感とグミの食感が合わさったグミです。

ふわしゅわっと柔らかい食感が、不思議で何度も食べてしまいます(笑)

 

ふわしゅわっとした中にグミが現れて、始めは「なんだろうこれ?」と思っていましたが、なんか気になって食べずにはいられない(笑)

 

味はリンゴ味を食べたのですが、しっかりと甘いリンゴの味がして美味しかったです。

ふわしゅわっとした食感が口の中にのこるので、味も結構強めに感じました。

 

忍者めし

「めし」とつくくらいなので、小腹を満たすための商品なんでしょうが、普通に美味しくて、食べ出したら止まらないタイプのグミです。

 

しかし、残念ながら中身は10粒(100円)とかなり少ないので、そんなにたくさんは食べられません。

 

表面はガムのようにコーティングされているので、最初にカリっとした食感の中に固めのグミが現れます。

 

この固い食感が満腹中枢を刺激し、小腹を満たしてくれます。

お菓子として食べるグミというよりも小腹を満たすための非常食と言ったほうがいいですね。

 

まとめ

こうやって紹介してみるとなんのひねりもなく、定番中の定番ばかり紹介してしまいましたが、やっぱり定番のものはそれだけ美味しいということですね(笑)

 

そして、私はハード系の酸っぱいグミが好きなんだと認識することもできました。

 

あんまり食べすぎると弱っている歯が痛んでくるので、ほどほどにしますm(__)m

 

毎日なにかしらをつぶやいています

 - その他