炎上系ブロガーとそれに反応する人。

      2017/09/05

こんにちは、ぴーすけです。

ブロガーってユーチューバーみたいに”炎上系”ってジャンルの人がいると思うんだけど、炎上系にはどこからともなく、コメント欄やDM、お問い合わせフォームなどさまざまなツールを使って絡んでくる人がいます。

というかそういう人がいるから炎上系っていうんだけど、最近、そんな炎上系のユーチューバーやブロガーの視聴者や読者のレスポンスをみるのにハマっています

観察しているうちにいろいろと感じることが出てきたので、今日は炎上系ブロガーとそれに反応しちゃう人たちについて書いていきたいと思います。



<スポンサーリンク>

炎上系ブロガーとは

炎上系ブロガーとは、自分の考えをストレートに、ときには極論で発信していき、読者を煽るブロガーのこと。

私なりの解釈だけどこれで合ってるよね?笑

有名な方だとイケハヤさんとかそうですね。
まだ東京で消耗してるの?ってもはやブログタイトルからして煽っている 笑

その煽り行為はブログ内に留まりません。

炎上系ブロガーの特徴

ユーチューバーだとシバターさんとかみずにゃんさんとかがいて、彼らは主に他のユーチューバーを批判したり、他のユーチューバーがやらかしたときにネタにして再生回数を稼いでいます。

ブロガーだとイケハヤさんが代表的だけど、ヤギペーさんとかあんちゃさんもそうなのかな?正直どれくらい炎上したら炎上系と言っていいのかわからない!笑

でも、有名なブロガーさんはそれなりに炎上経験ありだと思います。

ブロガーの場合は主に社会に対する批判系の記事が多いです。

会社勤めをしている方からしてみれば、こういう人たちには反論したくなりますよね。

炎上系ブロガーの心理とは?

 

炎上系ブロガーはだいたい社会不適合者です。

もしかしたら、好きで雇われている人の気持ちが本当にわからなくて、本気で批判しているのかもしれないし、理解はあるけどあえて批判される書き方をしているかもしれません。

どちらにしろ批判覚悟でブログを書いています。

理解があったとしてもやぎぺーさんなんかは、アルバイトをクビになった経験があるし、雇われることに対して嫌悪感があるからそういう批判的な書き方になるのかなとも思ったり。

炎上系ブロガーはバカではない。

昨日ヤギペーさんが炎上しそうなことをツイッターでつぶやいていました。

案の定反応している人がいて、ヤギペーさんもそれに丁寧に返答をしていました。

この書き方じゃ確かに言い返したくなりますよね 笑

しかし、なんの深い意味もなく「人のために働くやつはゴミだ」なんて単純に考えていたとしたら、そんな人がたくさんの人から納得や共感を得ることができ、慕われるブロガーになれるでしょうか?

たくさんの人に納得、共感されるような人なんだから、このような発言の裏にちゃんと人々が納得できるような考えを持っています。

その証拠にヤギペーさんはこんな風に返しています。

これだと納得できますね。

他にも「そんなこと書いたら批判されちゃいますよ。」というような第三者目線の忠告系のレスをする人もいますが、そんなことも分かりきったことなのです。

炎上系ブロガーに反応しても

炎上系ブロガーに反応する人の中にはただ絡んで欲しいからあえて喧嘩を売りに行ってる人もいると思います。そういう人にとっては絡んでもらえてラッキーで終わりですが、単純に言ってることを真に受けて反応する人もいます。

しかし、ほとんどの場合は論破されることでしょう。

でも、炎上系ブロガーもきっとそういう人を待ち望んでいる。

そういう手法をとっているだけの話

私も始めのころは、ストレートな言い方や極論に苦手意識がありました。

言ってることを真に受けているわけではなかったけど、「でも、なんでわざわざそんな言い方をするのだろう?」とは思っていました。

でも、いつの間にかそういう意味的なことは考えずに「そういう手法なんだな」って知ってからは、なにも思わなくなりました。

炎上系ブロガーは炎上を想定したうえで、ストレートな言い方だったり極論で話をしている。

ユーチューブの炎上系

私は、ユーチューブをみるのが好きなんですけど、特に炎上系と呼ばれるユーチューバーの動画をみるのが好きです。

ユーチューバーの炎上系は、ブロガーよりわかりやすいです。

あからさまに煽っていて、手法としてやっているなというのがわかります。

それでも絡んでくる人はいますが。

私は、ユーチューブで炎上系というジャンルを知り、炎上系ブロガーも割り切ってみることができるようになりました。

 - その他