朝バナナ始めました。朝バナナの効果とバナナの選び方。

      2017/09/05

こんにちは、ぴーすけです。

もともと、朝はあまり食べれるタイプではないのですが、最近は一日中食欲がありません。

普段なら「朝くらい抜いてもいっか」(ほんとはよくないね)精神なんだけど、最近は昼時になっても夕食どきになっても食べる気になれず、放っておくと一日中食べなさそうなので、義務的に何かしらを食べています。

でも、お腹はぐーぐー鳴るし、空いている感覚もあるので、身体は食べ物を欲しているのです。

なんかこう、口元とか喉が受け付けない感じ…なんなんでしょうね、これ…

バイトがある日なんかは、朝食べないと、フラフラになってしまうので、何かいい方法はないかな?と考えたときに思いついたのが朝バナナです。

よくダイエット法として用いられますが、それだけでなく、食欲がないときの簡単な食事としても用いることができます。



<スポンサーリンク>

 

バナナの栄養

※100g(中サイズバナナ1本分)あたり

・エネルギー      86kcal    ご飯1/2杯分
・タンパク質      1.1g       生しいたけ約2個分
・カリウム       360mg   りんご約3個分
・マグネシウム     32mg     キウイ約3個分
・ビタミンB1       0.05mg  ほうれん草約3個分
・ビタミンB2       0.04mg  にんじん約1/2個分
・ビタミンB6       0.38mg  納豆約3パック分
・ナイアシン        0.7mg    あさり約12粒分
・葉酸                 26μg    ピーマン約3個分
・食物繊維           1.1g       レタス約1/4個分
・ポリフェノール  1.1g       板チョコ約1.1枚分
・セロトニン        10mg     みかん約2個分

引用:バナナの栄養素|知っ得!バナナの豆知識|バナナ・果物はスミフル

朝、全然食欲がない私からしたら、バナナたった一本でこれだけの栄養が取れるのは嬉しい。

エネルギーがご飯1/2杯分、便秘を防いでくれるナイアシン食物繊維貧血を防いでくれる葉酸ストレスに強くなるポリフェノールセロトニンは、朝から働き、快便希望で、貧血気味で、すぐにイライラする私にとっては特にありがたい。

 

朝バナナの効果

栄養補給になる

寝ている間に消費されたブドウ糖を補給してくれます。

人は寝ている間にもブドウ糖が消費され、朝は血糖が低い状態になっています。

しかし、ブドウ糖は私たちの集中力を高め、脳を活性化させる働きがあるため、なくてはならない存在なのです。

バナナには、ブドウ糖などのエネルギー源が含まれているため、疲労を回復してくれて、さらにビタミンーミネラルが身体の調子を整えてくれます。

 

代謝アップで便秘解消にも効果がある

バナナには、便秘解消する食物繊維が多く含まれていますが、腸内環境を整えてくれるオリゴ糖も豊富に含まれており、食物繊維とオリゴ糖の相乗効果によって、より便秘解消効果を得ることができます。

 

精神安定・リラックス効果が得られる

バナナにはセロトニンが多く含まれており、精神を安定させリラックスさせる効果があります。
このセロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、うつ病改善にも効果がある脳内ホルモンです。

 

より効果的なバナナの食べ方

効果的な組み合わせ

朝バナナをするならただ食べるのではなく、他の食べ物と組み合わせることによって、より効果を得ることができます。

 

疲労回復:バナナ+牛乳、キャベツ、豚肉、きなこ

アンチエイチング:バナナ+ぶどう、パパイヤ、みかん

便秘予防・改善:バナナ+ヨーグルト、イチゴ、りんご

利尿・むくみ軽減:バナナ+セロリ、トマト、コーヒー

 

 

私は、なんとなくヨーグルトを一緒に食べていたのですが、バナナとヨーグルトの組み合わせは、便秘改善効果があるのですね。

どうりで、最近朝から2回もお通じがあります(笑)

 

効果的な調理法

ホットバナナ

人間の身体は冷たいものを身体に入れると、それを内蔵と同じ温度にしようとする働きがあります。なので、バナナを温めることによってそのような余計なエネルギーを使う必要がなくなります。

また、温めた熱によって腸の活性化にもつながり、身体を起こしてくれる効果もあります。

 

冷凍バナナ

バナナにはポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールには、抗酸化作用があり、アンチエイジング効果、ダイエット効果が期待できます。

バナナを凍らせることによって、このポリフェノールを2倍にしてくれる効果があります。

 

干しバナナ

バナナには食物繊維が豊富ですが、干しバナナにすることによって食物繊維を2倍にすることができます。

 

このように、食べ合わせや少し手を加えることによって普通に食べるよりも効果を得ることができます。時間があるときはぜひ試してみてください。

 

バナナの選び方

黒い斑点があるもの

黒い斑点があるものは栄養価が高く美味しい。

 

茎に筋がないもの

バナナは熟す前に収穫され、日本に来て熟されるのですが、茎に筋が入っているものは速いスピードで熟させているため味が落ちている可能性があります。

 

茎が太くて短いもの

茎が太くて短い方が甘くて美味しい。

 

角が張っていなくて皮が柔らかいもの

バナナには縦方向に角がありますが、この角がはっきりしているものは、早熟なもの。

また、皮が硬いものも早熟なので、ある程度皮が柔らかいものを選ぶとよいです。

 

 

 

 - その他