”一流美人”と”二流美人”の違い。

      2017/09/05

豊胸LP

こんにちは、ぴーすけです。

突然ですが、「この人美人だけどツンツンして接しづらいな〜」って思ったり、「この女優さん、めちゃめちゃ美人なのに気取ってなくて、性格も良さそうやな〜!」なんて感じたことないですか?

私は、ついこの間、アナザースカイで本田翼をみていて、「この子超かわいいのに気取ってないし、男子にモテそうだな〜。」なんてことを思っていました。

美人なのにツンツンしている人接しやすそうな人の違いってなんなんですかね?

そんなことを考えていたのですが、ツンツンしているのは、『二流美人』、接しやすそうなのは『一流美人』だ!ということに気がついたのです。

性格がいいから”一流”とか、性格が悪そうだから”二流”ということでは、ないんです。

完全に、外見だけの問題。

要するに、誰もが美人だといえるような人は、性格もいい。美人だけど、めちゃめちゃってほどでもないって人は、ちょっとどこか気取っちゃうところがあるんですよね。

例えば、さっき名前を挙げたような本田翼や佐々木希とかは、誰もが美人だ!と認めるような美人じゃないですか。

この二人は、あれだけ美人なのに、気取ってないし、むしろひょうきんなところがあったりして、全然嫌味がないのです。

しかし、矢口真里とか藤本美貴(例えとして出しただけで別に悪意はないからね)みたいな、可愛いけど、めちゃめちゃってほどでもないみたいなタレントさんは、どこか欠点が目に付いたり、評判があまりよくなかったりします。



<スポンサーリンク>

豊胸LP

 

”一流美人”と”二流美人”の心理

めちゃめちゃ美人な人って絶対的な自信があるんですよ。

もちろん表には出さないけど、佐々木希も本田翼もあれだけ美人だったら、自分が美人な自覚あるでしょ?さすがに 笑

今まで、周りからも当たり前のように「可愛い!」と言われ続けたから、「自分は、可愛いんだ」ということが、強く根付いているのです。

だから、変に張り合う必要がないし、余計なエネルギーを使うことがなく、心も穏やかになれるのかな?なんて私なりの解釈をしました 笑

しかし、”二流”美人の人たちは、それこそ学生時代、クラスではチヤホヤされたけれども、だんだんとそうでもなくなってくる。

芸能人になったりなんかしたら余計に。

自分も周りもいろいろな人に出会うに連れて、自分レベルの美人はそこそこいるということに気づくのです。

でも、チヤホヤされていたころのことが忘れられなかったり、自分はチヤホヤされて当然!という気持ちがあれば、だんだんとチヤホヤされなくなることに不満を覚えるようになります。

そうすると、チヤホヤされるために背伸びしたり、自分を押し出しすぎてしまったりと、無駄なエネルギーを使うため、変に我が強くなってしまって、悪い印象を与えてしまうのかなと思いました。

「二流美人」って我が強い人が多いですよね。笑

なんか、思ったことをただ書いただけ&異論が出てきそうな記事になってしまったけど、ふとした気づきを聞いて欲しくて書いてしまいました。

わかってくれる人がいるといいな(-_-)

豊胸LP

 - その他