漫画喫茶(ネットカフェ)を辞める理由と辞め方。

   

こんにちは、ぴーすけです。

 

漫画喫茶(ネットカフェ)で働いてみたものの、『思っていた仕事と違う』、『バイトの人と相性が合わない』などの理由で辞めたいという方は多いかもしれません。

 

現に、漫画喫茶(ネットカフェ)のアルバイトは離職率が高いです。

長く続けられる人は7年、8年と本当に長いですが、数か月、数日でやめた人も何人もみてきました。

 

バイトがすぐに辞めるということはよくあることなので、正直、そんなに気負いしなくてもいいかと思います。

 

しかし、それでも気になるという方は、この記事を読んでみてください。



<スポンサーリンク>

漫画喫茶(ネットカフェ)を辞める理由

思っていた仕事と違った

漫画喫茶(ネットカフェ)のアルバイトは、お客様の案内、ブースの清掃、レジ操作が主になってきます。

接客といってもお客様の席を取るだけなので、一人につき2、3分で済みます。

正直、暇な日は漫画を読んだり、ネットしたりと休んでいる時間の方が長いです。

たまに漫画を読んだり、フロアを綺麗にすることはありますが、そこまで充実した仕事内容とは言えません。

なので、暇が嫌いだったり、単調な仕事が嫌いな人からしたら面白くない仕事かもしれません。

 

アルバイトの人と相性が合わなかった

漫画喫茶(ネットカフェ)のアルバイトは、オタクが多く集まります。

オタクと合わない、苦手という方は一緒に働いていて辛いかもしれません。

私も、これまでオタクと縁がなかったので、始めのころはオタクとの人間関係に苦労しました。

その中でもやっていけたのは、バイトの中に他に相性がいい人をみつけられたからだと思います。

オタクじゃなくても単純にそのバイト先の雰囲気になじめなかったりすると辛いですよね。

そう思ったら、潔く辞めるかワンオペの漫画喫茶で働くことをオススメします。

個人経営やフロアが狭い漫画喫茶だとワンオペの店舗もありますので、そういうところを探してみるのもいいかもしれません。

漫画喫茶のアルバイトにいる4タイプの人間。

漫画喫茶のアルバイトで必ずいる苦手なタイプ。

バイトするなら漫画喫茶。楽な店舗の特徴教えます。

就職を考えている

学生さんやある程度の年齢になると就職を考える人も多いかと思います。

就職に関してはネガティブな理由ではないので、辞める際も快く送り出してもらえます。

しかし、すぐに辞めるとなると難しいので、すぐに辞めることができない方は夜勤で入って日中に面接を受けるという形を取って就職活動を始める方法もあります。

 

客層が悪かった

漫画喫茶(ネットカフェ)にはさまざまなお客様がいらっしゃいます。

仕事中にいらっしゃる方などは、ちゃんとした方が多いですが、酔っ払いや収入が安定しない日雇い労働者がお金を払えないなんてこともざらです。

百歩譲って素直に言う事を聞いてくれればまだいいですが、そういう人は大抵もめます。

そのようなことを想定せずに入った方からすると辛いでしょう。

しかし、地域によってそこは多少回避できるので、治安の悪い場所、飲み屋が多い場所などを避けて働くといいかもしれません。

 

漫画喫茶を辞める方法

基本的には1ヶ月前までに申告すれば、新しい人を雇い、研修までできるので、きちんと次の人材を確保できて、店側からすると助かります。

しかし、法的には2週間前までに申告すればいいので、1ヶ月は頑張れなさそうという方は、2週間だけ頑張ってみる手もあります。

 

それでも無理!という方は、次のシフトまでに辞める旨を店長に伝えましょう。

当日急にこないとなったらさすがに困るので、数日前までに伝えて代わりの人を見つける猶予を与えておくとなんとかシフトを開けずに済みます。

 

数日前にやめることを伝えるのは勇気がいるかもしれませんが、漫画喫茶(ネットカフェ)は離職率が高いので、辞めることに関してはそこまでなにも思われません。

むしろ、バックレる人も多いので、連絡してくれた分ましと思います。

 

 

 

 

 - 漫画喫茶