イライラを引きずるのは、相手と張り合っているから。張り合ってしまう人の特徴と張り合わないための心掛け

      2017/09/05

こんにちは、ぴーすけです。

 

あなたは、嫌いな人をいつまでも許せない、会わなくなった今でもイライラする。ということはありませんか?

 

私は、あります。

 

あるどころか、日常です。

 

今現在、過去の嫌いな人に対して、未だにイライラしています。特に寝起きがヤバいです。

 

でも、その相手と会わなくなって時間が経ったからか、最近はだんだんとイライラが減ってきました。

 

冷静になって気づいたことがいろいろとあるので、今日はそのことについて書いていきたいと思います。



<スポンサーリンク>

イライラを引きずる原因は、張り合っているから

私のイライラの原因は、過去のバイト先の店長にあります。

 

他人には厳しいのに、自分には甘い。

口だけで、行動に移さない。

デリカシーがない。

自分の価値観でしか物事を考えられない。

 

挙げたらキリがないくらい嫌いなところがあります。

 

始めのうちは、「まあ、我慢するか」と思っていても、あまりにも同じようなことが続くと、「嫌い」が「敵対心」に変わっていき、「どうやって相手に勝とう」「どうやって相手を陥れよう」という気持ちが生まれてきます。

張り合うことは、無限の戦いの始まり

こっちが張り合っているときは、相手も張り合っています。

 

一度張り合いだしたら、ちょっとした負けを味わうのも、悔しくてたまりません。

 

そうすると、また相手に対して「勝ってやる」という感情が生まれ、永遠に終わらない戦いを始めることになるのです。

 

張り合うとどうなるのか

一度、張り合いの戦いが始まると、負けた方が今度は相手を負かし、また負けた方が相手を負かすの無限ループです。

 

相手を負かすために、傷つくことを言ったり、したり、その程度は徐々に大きくなっていきます。

 

結局、お互いに精神がボロボロ、性格は悪くなるのです。

 

張り合ってしまう人の特徴

張り合ってしまう人って、

 

負けず嫌い

自分が不利になると気に入らない

下手に出るのが苦手

指図されるのが嫌い

 

というところがありませんか?

とにかく相手より上の立ち位置にいたい、下の立ち位置にいるのは絶対嫌。という人が多いように思います。

 

張り合わないためにはどうすればいいのか

じゃあ、張り合わないためにはどうすればいいかというと、

 

冷静に相手の話を聞き、相手が言っていることが、正しいのか、間違っているのか、どうでもいいのかを聞き分ける。

 

正しいときは、共感する、従うという態度を取ればいいし、間違っているときは、指摘ができる。

 

どうでもいいときは、無視し、気にしなければいいのです。

 

口喧嘩のプロ(と言ったら、語弊がありますが)である弁護士は、交渉に勝つために「相手の話をよく聞く」ということを心がけているそうです。

 

相手にしゃべらせ、矛盾点が出たところをつく。

 

冷静になると、口からでまかせでものを言うのを防ぐことができるので、こちらが不利な状況になるということがなくなります。

張り合わないための思考作り

「相手が正しいときは従え」と言われても、負けず嫌いな人や、すでに戦いがヒートアップしている人にとっては、難しいかもしれません。

 

行動だけ変えてもストレスになるので、心から納得できるように、「張り合わないための思考作り」を私なりに考えてみました。

よかったら参考にしてみてください。

 

「負けるが勝ち」と考える

負けるが勝ちという言葉があります。

争うことなく、相手に勝ちを譲ることによって、自分に有利な結果になり、自分の勝ちにつながる。

という意味です。

 

張り合っているときは、「今」勝つことしか考えてないので、よくよく考えたら、のちに自分が不利になるようなことを言っている可能性があります。

 

相手がそのような発言をしてきたときは、張り合う気持ちをぐっと堪えて、相手に譲りましょう。

 

結果的に、相手は自分で自分の首を絞めるハメになります。

 

「こんな相手と張り合う価値はない。」と考える

「争いは同レベルの者同士でしかおきない。」と言います。

 

嫌いなあの人と同レベルなんて嫌ですよね?

 

嫌なことを言ってきても聞き流しましょう。

 

でも、言われっぱなしだと、こちらが弱いからと勘違いされる可能性もあるので、言うべきことは言う。

 

上記でも挙げたように、冷静になって相手の話を聞いていれば、言い返せるポイントがわかってくるので、冷静さを心がけて、うまく自分のペースに相手を巻き込んでいきましょう。

まとめ

相手と張り合わないために大事なことまとめ

 

冷静になる

相手にしゃべらせる

必要なときだけ反論する

どうでもいいことは無視する

 

張り合うと、後々も「あいつムカつく!」「もっとあのときああ言っとけばよかった!」と無限にイライラから抜け出すことができません。

 

そうならないためにも、冷静に対処し、誰とも張り合うことがないようにしましょう。

 - 社会不適合