現役漫画喫茶店員が教える、漫画喫茶で盗難にあったときの対処法と対策

      2017/08/28

こんにちは、ぴーすけです。

 

今日は漫画喫茶(ネットカフェ)での盗難対策と盗難にあった場合の対処法を書いていきます。

 

私は、2年間ほど漫画喫茶(ネットカフェ)でアルバイトをしていますが、私が思っていた以上に漫画喫茶(ネットカフェ)は置き引きなどの盗難が多いです。

 

一度、防犯カメラで犯行の様子をみたことがあるのですが、慣れている人は、本当に堂々とやります(しかし、カメラの存在は気づかないという・・・)。

 

漫画喫茶(ネットカフェ)は、犯罪者の巣窟なので、「私だけは大丈夫!」と思わずにしっかり対策していきましょう!



<スポンサーリンク>

漫画喫茶(ネットカフェ)で盗難に遭わないための対策

貴重品を持ち歩く

 

漫画喫茶(ネットカフェ)って、扉がついているので、「少しくらいなら席を立っても大丈夫かな。」と思いがちですが、盗難のプロは、そのちょっとのスキを狙って、犯行に及びます。

 

盗難のプロは、「誰かにみられたらどうしよう。」という迷いがないのです。

 

誰にもみられないうちにさっと盗って、何食わぬ顔で自分の席に戻っていきます。

 

こんな言い方をするのも変ですが、実にスマートに犯行に及びます。

 

見た目も、サラリーマン風のスマートな人だったするので、侮れません。

 

なので、少しの間でも席を立つ場合は、貴重品だけでも身に着けてから席を離れましょう。

 

備え付けの金庫に貴重品を入れる

 

漫画喫茶(ネットカフェ)には、ダイアルロック式の金庫がよく設置されています。

 

あまり利用しない人も多いかと思いますが、この金庫は絶対に使ったほうがいいです。

 

ずっと金庫に入れておけば、いつでも安心して席を立つことができます。

 

しかし、忘れて帰る人もいるので、忘れないように注意が必要です。

 

鍵付きの部屋を利用する

最近は、鍵付きの部屋がある漫画喫茶(ネットカフェ)もあります。

料金は、普通の席より高くなりますが、盗難以外のいろいろな犯罪も防げるので、おすすめです。

 

席を立つときも貴重品を持ち歩くことなく、鍵をかければいいだけ。

もし、漫画喫茶(ネットカフェ)で盗難に遭った場合は?

もし、漫画喫茶(ネットカフェ)で盗難に遭った場合は、店員に言って、警察に連絡してもらうか、チェックアウト後に自分で警察に通報をしてください。

 

勝手に店に警察を呼ばれると、店員もびっくりするので、店内から警察を呼ぶ場合は、店員を通して、呼んでください。

 

たまに、「防犯カメラを確認させてほしい。」というお客様もいらっしゃいますが、お客様に防犯カメラを見せることはできないので、自分で解決しようとせずにきちんと警察に対処してもらいましょう。

まとめ

漫画喫茶(ネットカフェ)での盗難はよくあるので、漫画喫茶(ネットカフェ)を利用する際は、油断せずにしっかり対策していきましょう。

 

席を立つときだけでなく、寝ているときも被害に遭う可能性がありますので、寝るときも貴重品は、金庫に入れて、取られないように気を付けることが大事です。

 

漫画喫茶(ネットカフェ)は、漫画を読む、ネットを利用する以外にもさまざまな用途に使える楽しい場所ですので、しっかり防犯対策をして、嫌な思いをしないようにしたいですね。

 

 

 - 漫画喫茶