ディズニーシーの水上ショー、「ザ・ヴィランズ・ワールド」がめちゃくちゃ感動した件。

      2017/10/18

こんにちは、ぴーすけ(@pisuke_jiro)です。

 

昨日は久しぶりにディズニーシーに行ってきました。

 

ディズニーシーといったら景観が素晴らしいですね。

 

イタリアのヴェネツィアをイメージして作られた園内はお散歩だけでも十分に楽しめるスポットになっています。

 

景観もいいですが、シーならではの水上ショーもみどころではないでしょうか。

 

私は、ディズニーシーの楽しみ方として、第一に景観、そして、アトラクションという風にショーの優先順位はそんなに高くなかったものの、昨日のザ・ヴィランズ・ワールドでは今までにない感動を覚えました。



<スポンサーリンク>

ザ・ヴィランズ・ワールドとは?

「ザ・ヴィランズ・ワールド」とは、2017年のハロウィーン限定の水上ショーです。

 

ディズニーシーに入場して、ど真ん中に広がる海の上で繰り広げられます。

 

ハロウィーンというだけあって、主役は、眠れぬ森の美女のマレフィセントを中心に、白雪姫のウィックド・クイーンピーターパンのキャプテン・フックアラジンのジャファーヘラクレスのハデスリトル・マーメイドのアースラと悪役ぞろい。

 

もちろん、ミッキーミニードナルドデイジーなどいつもの主要メンバーも登場します。

 

ヴィランズたちから、ハロウィーンパーティーに招待されたディズニーの仲間たちが、ヴィランズをイメージしたコスチュームを身にまとい、パーティーに出席するという内容のショーです。

 

悪役登場だからといって、決して戦う内容ではなく、仲良く。

 

ザ・ヴィランズ・ワールドの感動ポイント

❶音楽がかっこいい

ハロウィーンであり、悪役が主役ということで、音楽も邪悪で不気味なものになっています。

 

しかし、その不気味さがかっこいい!!

 

それぞれのヴィランズのソロポイントもあって、一人一人のキャラがちゃんと際立っています。

 

アップルミュージックでもダウンロードできるので、ぜひダウンロードしてみてください。

ザ・ヴィランズ・ワールド – オーケストラ(東京ディズニーランド)

❷フライボードでダンサーが空中に

 

フライボードってわかりますか?

 

足から水が噴射して空中を飛べるやつ。

 

説明がうまくできませんが、写真を見せるとこんなやつ。

出典:https://www.rizzan.co.jp/activity/bord.html

このフライボードが、ショーに導入されているのです!

 

ダンサーが練習したのか、専門の人がダンサーになったのかはわかりませんが、これって乗るのがそうとう難しいらしいです。

 

以前、タレントさんが番組で挑戦していましたが、かなり苦戦していました。

 

ショーでは、結構な高さまで上がっていて、観客もみんな「何あれ!すごくない!?」と驚いていました。

 

ディズニーのことだから、きっとダンサーさんが一生懸命練習したのでしょう。

 

そう思いたい。

 

❸悪役であるヴィランズが主役

 

悪役のことを「ヴィランズ」というのですが、悪役ってなかなかメインででてくることないですよね。

 

出てきたとしても嫌な面を取り上げられることが多く、あまりポジティブな登場がないように思います。

 

しかし、このショーでは、ヴィランズが他のディズニーキャラたちをハロウィーンパーティーに招待し、さまざまな楽しいショーを披露してくれるのです。

 

ヴィランズだからこそ醸し出せるかっこよさが活きていて、他にはないヴィランズの貴重な一面を観ることができます。

ディズニーのヴィランズたち

ザ・ヴィランズ・ワールドの開催期間と時間

 

期間:2017年9月8日~2017年10月31日

 

公演時間:約25分

 

 

ショーの時間は都合により変更になる場合があるらしいのですが、基本的に10:30/14:00/16:30の3回行われているみたいです。

 

まとめ

ディズニーシーでは、今までショーメインで楽しんだことがなかったので、こんなにもショーが楽しいものだと思いませんでした。

 

楽しすぎて一日に2回も観てしまいました。

 

ショーをみる計画をまったくしていなかったので、前の方でみることができなかったのですが、次回はショーのことも考えて、早くから場所とりができるといいなと思います。

 

ヴィランズはメインで出てくることがないといいましたが、以前「マレフィセント」というマレフィセントが主役の映画がありましたね。

 

このショーでも中心に立っていたので、マレフィセントは悪役の中でも人気があるキャラなのかもしれません。

 

 

毎日なにかしらをつぶやいています

 - その他